センター試験英単語総数は4,200


大学受験を利用し、
英単語量を増やそう!

世界で活躍できる英語力を
養成しましょう!

2014年のセンター試験
英単語総数はおよそ
4,200語だそうです。

この4、5年ぐらいは、
英単語総数は、
4,100~4,200語ぐらいです。

センター試験でさえもこの語数です。
最近は、どの大学入試でも英単語数が
増えています。

難関大学入試となると
長文読解問題で3,000~4,000ほどですが、
その難易度はセンター試験とは
異なります。

各学部によって出題される英単語も
専門的になります。

覚えるべき英単語の数は、
年々増加傾向です。

2015年大学入試は、目前です。
限られた時間をいかに効率よく使って
英単語を覚えるかにかかっています。

「英単語は後で覚えよう。」は、
後で覚えられませんので、
今からすぐに覚えましょう。

お勧めはこちら↓

駿台 システム英単語

単語王2202

今年慶大経済学部現役合格した生徒は
「単語王2202」を使用しました。

学校で渡された単語帳が使いにくいと感じる人は、

今用いているのが、こちらなら↓

データーベース

ターゲット

速読英単語 必修編

 「もう少し成績を上げたい!」と
感じるならば、単語帳を
変えるのはお勧めです。

英語の成績が伸び悩んでいる時には、
英単語帳を変えると
英語の伸びが少ないという悩みが
解消されるからです。

駿台 システム英単語

駿台のシステム英単語は、
多義語の一覧が最後の章に
あるのがお勧めの理由です。

英語長文読解問題の中に、
知っている単語が出てきても、

覚えている単語のはずなのに、
意味が出てこないことも多々あります。

先日、
ある高3生が、
センター英語過去問題2番Aの
短問答問題文中の
「last」という単語を
動詞だとわかっているのに、
とっさに「最後」などと勘違いしていました。

そのようなことがないように、
わかっている単語だと思っていても、
違う角度から再度見直すことは、
大切です。

難度の高い単語が
入っていない単語帳もあります。

自分に必要な語彙数が
確認できる単語帳が
良いと思います。

大学入試でも英単語量が
ますます重要です!

大学受験を利用し、
英単語量を増やそう!

世界で活躍できる英語力を
養成しましょう!

 

 

 

 

 

 

関連記事

GoTo TOP