世界で活躍できる子供を育てる


世界で活躍できる子供を育てる

早いもので30年以上にわたって、「好きなことを仕事につなげ世界で活躍できる子供」を育ててきました。横浜に大学受験予備校を開設してから早27年。その前の塾や予備校勤めを含めると30年以上英語を指導したり、大学受験指導を行ってきました。

初めて私と会う子供たちは、明確な目的意識もなくいわゆる普通の子供でした。

彼らは「何が好きなのか?」「何が嫌いなのか?」もわからないようでした。

でも私と出会った時には、好きなことがわからなかったのに、好きなことをして人生を楽しんでいる様子を耳にすることも多々あります。

一番年上の私の教え子たち

一番年上の子供たちは今年でもう40才過ぎたとか。昨年中学生になった子の親もいます。

でも私の中の生徒たちは、初めて会った頃の小学生あるいは中学生、高校生のままなdのです。

ある成功した生徒M君の思い出

私が指導したことで、その後の人生の選択の幅を大きく広げ、自分の好きなことを仕事につなげ世界に出て行ける方向へ舵をきった子も多くいます。

その中の一人。M君と出会ったのは、高2生の夏も終わるころでした。M君は東洋大付属牛久高校の高2生でした。

彼は大学に現役で進学するために、私の所にお母様に連れられてやって来ました。

M君は、英語が得意で国語が不得意な理系志望の生徒でした。理系志望生徒でしたが、国語は全ての基礎科目だというので、国語の授業を受講することになりました。授業時にはきちんと来ますが、毎回宿題はやってきませんでした。

ですから私は私の手すきの他の日にもう少し授業指導時間を取ろうと思い、「土曜日15時からみてあげるから来なさい。」と受講後、毎回M君に言いました。しかしM君が土曜日に来る時間は毎週17時か18時でした。

M君が来ると私は、「遅刻しても来るなんて偉いね。」と言いながら、授業指導をいくらかしましたが、大半の時間は次の授業の宿題をしていました。

M君は、「先生、もう3時間勉強したから帰るね。」と言って、授業中の私に声をかけ、彼は私に顔を見せて帰っていきました。黙って私に顔を見せずに帰ることは一度もありませんでした。

ところが春期講習が始まるM君高2生の3月中旬頃のある日、今までのM君への指導の効果が現れたのか、M君は「春休み、朝は6時に来て勉強するから、教室を開けて。」と私は言われました。

私は「朝6時?来るの?」と。

初日朝6時に教室を開けてからこっそりものかげから見ていると、彼はまず簡単に机の周りに落ちている消しゴムのカスの掃除をし、しばらく勉強してから朝ご飯のお弁当を食べていました。その後ずっと22時半まで勉強しているのです。

結局新高3春休み期間中、毎日6時から22時半までずっと私の教室で勉強していました。

その後高3生時代、休みの日には毎回6時に来て22時半まで勉強しました。

平日は学校まで自転車、そして学校授業終了後バイクに乗り換え私の元へやって来ました。

自宅から遠いので、雨の日はずぶ濡れ状態でバイクに乗って来ていました。

M君は、高3生から英語も受講することになり、6月には英検準1級にも合格しました。

そして筑波大、理科大などに合格しましたが、親の意見とは異なり理科大にどうしても進学すると言い張り、東京理科大建築学科に進学しました。

東京理科大学卒業後には、千葉大大学院建築学科に進学しました。今は1級建築士です。

両親からは、「勉強しないしできなかった子が先生の指導のおかげでこんなに立派になって。先生の方に足を向けて寝られません。」と会うたびごとに今でも言われます。

「世界で活躍できる英語力」を指導してきました。

私が指導した生徒の多くは、社会に出ても英語に関しては、困らないとのこと。

卒業生の多くは、「英語を使って仕事ができるよ。」と言ってくれます。

ある卒業生は、「手が勝手にさらさら英文を作ってくれる!」

又別の卒業生は、「読めるし、話すことさえも困らないよ!」

そして又別の卒業生は、「30過ぎてもまだ英語力があるのは、先生の指導のおかげだよ!」と話してくれます。

海外を飛び回って仕事をしている卒業生も多くいます。

英語が大嫌いなのに、英語嫌いを克服しハワイに留学しその後アメリカ人と結婚して毎日英語を話している卒業生もいます。

30年以上の指導経験を活かして「世界で活躍できる力をつけるとは?」など私の考えをこのブログで表明

大学受験や英語力向上方法などに関し、様々な意見が飛び交っていますが、私にはどれも満足できる方法ではありません。

ですから私なりの考えをこのブログで表明しようと思います。

私は高校生を中心に教えてきましたが、2歳の子供たちそして小学生にも英語を教えた経験もありますし、中学受験や高校受験指導の経験もあります。大人にも英語を教えた経験もあります。

30年以上の経験から、大学受験を利用して好きなことを仕事につなげ世界で活躍できる様々な能力や英語力の向上方法、そしてさらには体力や気力をつける方法などについてもお伝えしようと思います。

 

 

関連記事

GoTo TOP