大学入試に重要な科目は?もちろん英語!


大学入試に一番重要な科目は、
もちろん英語です!

英語の偏差値で合格すると言っても言い過ぎではありません。

英語は必ず80%以上取れるように勉強ましょう!

英語が85%以上取れていると合格します。

もちろん他の科目が0点ではダメです。

0点を1科目でも取るとその時点で不合格です。

40点以下の場合には、他の受験生との比較になります。

それでも英語が85%以上取れていると合格しています!

では、80%以上取るにはどうしたら良いのでしょうか?

これは私のようなベテランに習うしかありません。

習う方が習得が早いからです。
受験はゴール時期が決まっているので、
習得期間が限らているからです。

簡単で楽な方法が良いのだろうとは思いますが、
英語習得に苦しんでいる人がたくさんいることを考えると
簡単で楽な方法がないのだと思います。

英語習得は、
時間投入総量だと感じています。

3月に部活が終わった生徒と
まだ
部活がある生徒と英語成績を比べると
大変な差が出て来ています。

もちろん本人は気づいていません。

生徒に気付いてもらうような問題を選んで解いてもらうと
勉強時間量の不足している生徒はやはり
勉強時間量がある生徒に負け始めています。

ほんの数週間の期間なのですが、
まちがいなく英語力の差が出て来ています。

模試や実力テスト、学校でのテストなどで
気付けば良いのですが、
なかなか現実を見ようとはしません。

成績が下がっている事実を
見たくないのが実際なのだと思います。

まず
英語を勉強して下さい!

英単語を覚えて下さい。

 

 

 

 

 

 

関連記事

GoTo TOP