学校外で模試を受けることは大切


5月

学校外で模試を受けるべし!

 

高3生へ

 

 

高3生模試成績は、

高2生時代と比べると偏差値が7から10ぐらい下がります。

 

現役生は、高3生から浪人と同じ模試を受けます。

 

学校で

河合塾、駿台、代ゼミ などの模試を受ける場合もあります。

 

学校には浪人生はいませんが、

全国に浪人生は多くいます。

 

ですから

高2生時代と比べると偏差値が7から10ぐらい下がります。

 

高2生時代の模試には、浪人生は含まれませんが、高3生時には、浪人生も含まれる模試を受けます。

 

「成績が悪いから受けたくない!」

「もし偏差値が良くなければ、どうしようか? 志望大学を変更しなければならない」など

5月頃には、模試に対して否定的な気持ちが大半の生徒の中にあります。

 

 

何のために模試を受けるのか?

 

もちろん

 

①  全国レベルでの受験生としての学力を知る事。

 

②  自分の志望大学をどのぐらいの成績の人が受けるのか?

 

③  自分の志望大学を何人の人が受験しそうなのか?

 

 

そして

一番大切なことなのに

忘れがちになる点

 

④  試験慣れすること。

模試は、試験慣れするために受けると言っても過言ではありません。

 

模試は、

試験慣れのために受ける

 

ですから

 

毎回異なる模擬試験会場で受けてみてください。

 

模擬試験の内容もレベルもそれぞれいろいろな種類があります。

 

自分に合ったものから、合わなさそうなものまで受けてみてください。

 

そして

試験慣れして下さい。

 

毎回試験の受け方の工夫もしてみて下さい。

 

高3生  模試が始まります。

 

勇気を出して、学校外で模試を受けよう!

関連記事

GoTo TOP