国公立大学に受かる勉強時間


国公立大学に受かる勉強時間とは?

〇勉強時間を増やす

まぁ、国公立大学を志望するのだから、
勉強時間がたくさん必要だと誰もが考えていると思います。

どの大学受験勉強本にも書いている時間は、
学校がある平日は、5時間。

休みの日曜日などは、
7時間となっていることが多いと思います。

〇1日中座る

平日に関しては、5時間以上とるのは
なかなか難しいと思います。

休みの日は、1日中勉強して下さい。
15時間以上勉強時間をとれるはずです。

土曜日が、半日学校があるなら、
7,8時間勉強時間を作れると思います。

何でもないように感じる「1日中座る」は大変辛いです。

でも、合格者は1日中座れています。

現役合格者も、まだ夏の頃は、
1日中座れている人は少ないです。

しかし

それを続ける努力をしていると、
必ず1日中座って効率良い勉強ができるようになります。

今まで勉強して来なかったのですから仕方ないですよね。

〇1日中座って勉強する時間を増やす!

とにかく実行してみて下さい。

1日中座れないと思う人は、
国公立大学に本気で入りたいと
考えているわけではないと思いますよ。

ある高3生は、「国公立大学に行きたい」と言っていましたが、
自分の成績とつきあわせて勉強時間が少なすぎました。

1日中座れませんでした。1日中座って勉強できませんでした。

今も、そんな高3生は、たくさんいます。

他の人が行きたいと思う大学に行きたいと思うならば、我慢して下さい。

あなたがE判定ならば、A判定の人は全国にたくさんいるのですから。

国公立大学に受かる勉強時間とは?

1日中座って勉強して下さい。

そうすれば、まだ間に合います。

来年、合格します!

頑張って下さい。

応援しています。

 

 

 

 

 

関連記事

GoTo TOP