センターの英語を上げる!


英語の点数を上げる センター

センターの英語がすでに高得点を取っている生徒と
まだまだだと焦る生徒と両極になってきています。

今日は、まだまだだと焦る生徒に焦点を当てますね。
そして、単語も熟語もほぼセンターレベルは覚えたという
生徒に焦点を当てます。

ある高3生の例

ある高3生は、大変真面目で、優秀です。
が、センターの英語の過去問題の得点が良くありません。
110点から120点ぐらいしか取れません。
実力もあるし、学力もありますが、
センターの英語の過去問題の得点が
なかなか取れません。

単語も熟語もほぼセンターレベルは覚えています。

センターの英語の過去問題を解く。

先日、個別に呼び、センターの英語の過去問題を
解いてもらいました。一度も解いたことのない問題です。

私のその優秀な生徒の評価

前もっての私の生徒の主要な評価は以下の通りです。

・動作がのろい。

・集中力が途中で切れてしまう。

・解ける問題と解けない問題に均等に
時間配分をしている。

生徒の生徒自身の評価

・解くスピードは人並み。

・集中力はそれなりにあるつもり。

・均等に時間配分をしているのは、
正しい。

得点は、144点

実際には、180点以上を取れる実力はあるのですが、
まだ取れませんでしたね。

では、なぜ学力はあるのに取れないのでしょうか?

私は、こと細かく指導していますが、
忠実にその指導を実行している
生徒は、得点が高いです。

今回の生徒は、私の指導を実行しているつもりですが、
実はしていないのです。

私の指導は最短距離を行く指導ですが、
失敗する生徒などは、
自分勝手に解釈して自分に都合よく
実行していきます。
繰り返し指導はしますが、、、

結果として指導を実行しない。

でも今回の優秀な生徒は、
そのことを自覚していないので、
今回は、早目にガツンと
自覚してもらえるような行動を、
私はとりました。

最短距離を行く指導

生徒自身は私の最短距離を行く指導を
実行しているつもりでも
自分勝手に解釈し、
自分がやり易い仕方を
固執していることもあるのです。
それでは高得点は取れません。

センター英語 高得点をとる方法

最短距離を行く私の指導を
実行しましょう!

 

 

 

関連記事

GoTo TOP