英検2級に合格しましたか?


英検2級に合格しましたか?

 

英検の勉強は、早目のセンター試験対策にもなります。

 

2014年英検第1回1次試験は、明日6月8日(日)です。

 

2次試験は、7月6日(日)

 

 

2014年英検第2回1次試験は、10月12日(日)です。

 

 

英検2級は、高校卒業レベルの内容が課せられています。

すべてマーク式問題です。

 

 

英検2級1次試験の問題は、

 

1番  短問題です。英文法・語法問題

 

最近のセンター試験では、2番にあたります。

 

英検でも、センター試験でも

この問題の正答率は低い人が多いです。

 

対話文形式で出される穴埋め問題もあるので、

センター試験英語の対話文の対策にもなります。

 

この問題の対策は

 

基礎的な文法事項及び頻出度の高い熟語を

覚えることです。

正答率は上がります。

 

英検2級過去問題を1、2年分繰り返し覚えれば

正答率は上がります。

 

単語や熟語そして基礎的な文法事項を繰り返し覚えましょう。

 

 

2番 語順整序問題

 

最近のセンター試験では、2番にあたります。

 

英検のこの語順整序問題はなかなか正答率が上がりません!

この語順整除問題ができる人は、英語得意さんです。

 

センター試験英語問題でも、この語順整序問題正答率の低い人が多いです。

大半の大学入試問題で出題されますが、この語順整序問題は

英語苦手さんには過酷な問題です。

 

この語順整序問題を高校時代早期に攻略できると

高3生秋頃に精神的にも時間的にも余裕がでるのですが、

大半の受験生は高3生秋頃まで、語順整除問題まで手が回らないのが現状です。

 

 

3番、 4番 読解問題

 

センター試験問題 5番 、6番 にあたります。

この問題は慣れるとできるようになります。

 

英語苦手さんは、この問題の処理能力が低いです。

英語苦手さんは、訓練が不足しているからできないだけです。

訓練して下さい。

 

まず必要な単語を覚えましょう。

 

同じ英文で良いので、

毎日英語長文を何度も繰り返し飽きるまで読みましょう。

 

そうすれば

少しずつ苦手意識が取れます。

できるようになります!

 

 

それから

リスニング問題

 

 

英検2級1次試験の

合格ラインは、およそ60%。

65%あれば合格します!

 

 

高3生10月に

英検第2回2級(秋に実施 2014年は10月12日)に合格すると

センター試験英語得点の得点見込みは140点から150点ほどです。

 

もちろん英検2級の得点率が高ければ高いほど、

センター試験本番の英語得点も比例して高くなります。

 

 

英検2級リスニングは、センター試験リスニング問題よりも難しいと感じます。

センター試験リスニングは英検準2級レベル問題も含まれます。

 

英検準2級は高2修了レベルです。

英検準2級に高1生の6月つまり英検第1回試験で合格すると

難関大学に合格できる基礎学力が形成されると考えています。

 

 

英検2次試験は、

Speakingテストです。

 

絵入りカードを見て問題に答えますが、

自分の考えなどを英語で言う問題も含まれます。

 

論理力が必要とされる問題も含まれています。

 

 

英検は、

reading、listening、speaking 力のテストです。

 

writing力は、上記の学力があればできるようになります。

 

ただ

論理力が形成されていないと、writing力をつけるには

時間がかかります。

 

高校生に論理力を身につけさせるのは、本当に大変です。

時間がかかります。

 

今年2014年入試で慶應経済学部に現役合格した生徒も、

なかなか論理力が身に付きませんでした。

高3生秋頃でも論理的に考えられませんでした。

 

私は生徒用に論理的に考えられる英文問題を作成し、

それに基づき少しずつ論理力を形成させていきました。

 

論理力を形成することに関しては、又別の機会に。

 

 

従来型の英作文は、

1文を覚えれば良いので簡単にできるようになります。

1文1文の組み合わせで書けます。

 

 

しかし

最近の慶大経済学部英語作文問題は、

東大型や一橋型問題とは異なります。

 

最近の慶大経済学部英語作文問題は、

essay型英作文と考えても良いのかと思います。

 

 

英語は日本語の文構造と大変異なるので

論理力が必要なessayを英語で書くのは大変難しいのです。

 

 

ですから

英語苦手さんにとっては、

writing力の形成は、二の次になります。

 

 

英語学力を身につける方法としては、

英検準2級、2級の勉強も利用して下さい。

 

高校早期にあるいは中学時代に英検準2級、2級に

合格できる英語力があるということは、

難関大学現役合格への近道だということがわかると思います。

 

 

TOEICにはspeaking力を課すテストは含まれていませんが、

英検2次試験では、speaking力が課されています。

 

 

英検は、

世界で活躍できる英語力も養成できます。

 

そして

センター試験英語で高得点が取れます。

 

つまり

英語の得点力を武器にして、東大をも狙えるのです。

あなたの志望する難関大学にも現役合格できます。

 

 英検2級に早目に合格しましょう!

 

理想は、

高1生で英検2級に合格して下さい。

 

そうすれば

行きたい大学を自由に選べます!(^^)!

 

 

関連記事

GoTo TOP