復習の大切さ


復習の大切さ

復習の大切さについて書いてみます。
対象は高2生です。

高3生はもちろん復習をしていますよね!!!

高2生の秋

高2生、
最近夏休みが終わってから
高2生がだいぶたるんできています。

高2生の秋は、文化祭、運動会、球技大会、修学旅行など
各学校によって差はあってもたくさんのイベントがあります。
部活にいたっては高3生が抜けた後の重責をになうのですから
余計大変な負担を負います。

高2生の秋は忙しいですね!

でも、復習は大切です。
時間を作って毎日復習をしましょう!

ある高校生の復習

ある高校生を教えていました。
その高校生は、さほど勉強好きではありません。
ですから毎週一度の英語の授業で半分以上の時間が
前回の復習から始まります。

毎回初めて聞くような状態で授業を
受けていました。

復習の大切さを説いてもなかなか
復習しませんでした。宿題(復習)を出しても
やってこないので、毎回半分以上の時間を
復習に充てるしかありません。

それでも、私の授業を受けていると
少しずつできるようにはなっていくのですが。

何が問題なのでしょうか?

そうです。なかなか先に進められないのです。

先に進められない

先に進められないのならば、受験に間に合わなくなります。

他の高校生の例え話を聞くとわかりやすいと思います。
復習をしないと先に進められないのです。

学校授業進度

学校では、授業進度が決められています。

その授業進度に従って先生は教科内容を
全て消化していきます。

あなたが復習をしていなくても、
学校では、どんどん授業進度に従って
授業内容が進んでいくのです。

結果あなたはどんどん授業内容について行かれなくなります。

復習すると

毎日少し5分でも、10分でも
復習しましょう!

丁寧に復習をしようと思うと
おっくうに面倒くさく感じるのです。

簡単に少しノートや教科書を広げて
みるだけでも良いのです。

少しの復習でも、
やらないで学んだ事が0になるよりもましなのです。

復習をしないと、
学んだ事が0になるのです。
何を学んだのかさえ忘れてしまいます。

人間は忘れる動物なのです。

復習すると
学んだことが蓄積していきます。

簡単に復習するクセをつける

授業が終わったら、簡単に復習しましょう。

5分でも、10分でも今日習ったことを
復習しましょう!

 

 

関連記事

GoTo TOP