偏差値だけで受ける大学を決めない


偏差値だけで受ける大学を決めない

受験大学を偏差値で決める受験生が多いですが、
偏差値だけで決めると合格しないこともあります。

気を付けましょう!

受けたい大学の過去問を解く

受けたい大学の過去問題を解いてみることは、
大切です。少なくとも、受けたい大学の
過去問を解いて下さいネ。

受験科目の配点も大切

受験科目の配点も大切です。
苦手科目の配点が高いと
合格するのは難しくなります。

ですから
受験科目の配点も大変重要な
受験大学を決める検討要素になります。

文系は、英語の配点が高い大学が多いです。
理系は、だいたいどの大学も同点配点の
大学が多いです。

国公立大学の科目配点は、
センター試験の配点と2次試験の配点など
大変複雑ですので、早目に調べて
おきましょう。

早目の対策を!

高1生、高2生から
早目の対策をしましょう。

親世代とは、偏差値の高い大学も異なります。
今、情報がたくさん取れる入試時期です。
高1生、高2生は、
今この時期に受けたい大学の
下調べをして下さいね。

大学によって科目の配点は異なる

大学によって科目の配点は異なるので、
必ず各大学の受験要項を調べて下さいネ。

受験大学を決める方法

偏差値の高い、低いだけで、
受験大学を決定しないで下さいね。

⚪︎過去問題を解いてみる。
⚪︎受験科目の配点を考慮。

多方面から受ける大学を決定して下さい。
最近は、せっかく入学した大学を
合わないからといって、中途退学をする人も
増えて来ているそうです。

自分にとって有利な受験

得意科目を活かす大学受験をして下さいね。

英語が得意科目だと有利ですね!
今年の入試から、
英語が得意だと有利な受験方法があります。

今年の2016年の入試から、
英語の試験が
なくなる入試方法も出ました!

 

 

関連記事

GoTo TOP