成績が上がらないには理由がある


成績が上がらないには理由があります

今日は、英語に関してお話ししたいと
思います。今日は、あるよく勉強する
高校2年生を例にしてお話しします。

あるよく勉強する高校生

あるよく勉強する高校2年生は勉強家です。
理数系科目は大変得意です。
しかし文系科目は苦手です。

毎回予習・復習をする

あるよく勉強する高校2年生は
きちんと学校の予習・復習を
しています。私の英語の授業の予習は
もちろん復習も実行しています。
私は毎回生徒たちに気づかれないように
復習のチェックをしています。
そのあるよく勉強する高校2年生は
毎回復習しているのがわかります。
なかなか毎回きちんと復習勉強する生徒は
いませんので、やはり真面目な勉強家である
と思います。

☆英語授業の前後に
予習・復習をすること

河合塾マーク模試で英語の成績が
170点以上とれました!

あるよく勉強する高校2年生は
私が教え始めてまだ2か月しか
経っていませんが、先月の河合塾
マーク模試で英語の成績が
170点以上とれたそうです。
私に大変喜んで報告してくれました。
「私のところに来る前は、100点ぐらい
しかとれていなかったので、
嬉しいです。」と。かなりの進歩です。

難関大学を目指す英語勉強

しかし、大学受験をした方であれば誰でも
知っていると思いますが、センターレベルの
模試で170点ぐらい取れたからといって
難関大学に合格するわけではありません。
英語大学入試問題は底無し沼状況で
なかなか難しいです。私から見るとその
ある良く勉強する高2生は、難関大学を
目指す英語勉強をしているわけでは
ないということになります。

まだまだ英語学力は伸びる

つまりまだまだ英語学力は伸びるのです。
私から見るとそのある良く勉強する高2生は、
難関大学を目指す英語勉強をしている
わけではないということになります。
成績を伸ばす勉強方法の習慣がつくと
さらに成績を伸ばすことができます。

☆センター英語の高得点方法と
難関大学突破英語力向上方法とは
異なるということを意識する。

fb133f3428f4f8053e4e116bacbdcab3_s

成績を伸ばす英語勉強には
ノートを使うこと

そのある良く勉強する高2年生にも、
毎回英語勉強の仕方を教えていますが、
なかなか実行してくれません。

まず初めの一歩は、ノートの利用です。
そのある良く勉強する高2年生は
英語ノートにルーズリーフを
用いています。まず初めの一歩は、
ルーズリーフではなくノートを使用
しましょう。

☆難関大学突破英語力向上には
ルーズリーフではなくノートを用いる。

英語成績がぐ~んと
伸びる方法を習慣化するべし

そのあるよく勉強する高校2年生は、
英語成績がぐ~んと伸びる方法を
まだ習慣化していないので、
もっと大きく成績を伸ばせる機会が
あります。でもその習慣化ができて
いないので、早急にその習慣を定着
させなければなりません。

そのあるよく勉強する高校2年生は、
英語を丸暗記

そのあるよく勉強する高校2年生は、
英語を丸暗記しています。ほぼ
丸暗記状況で覚えているので、
センターレベルの問題は解けますが、
それを逸脱する英語問題だと解けません。
先日の私の授業でそれを確認することが
できました。まだ本人は自覚して
いませんが。

難関大学突破英語力向上方法

☆ノートを用いること。

☆文法力を養成すること。
文法に沿って正しく読む訓練を
すること。

☆英単語から感覚的に
読まない事。文法力を
養成し、論理的に読む
訓練をすること。

☆論理的に読む。
ロジカルに読む。
前後に合わせて
ロジカルに読むこと。

☆日ごろから
論理的な思考方法を
訓練すること。
ロジカルシンキング力を
養成すること。

 「英語は単語がわかれば
読める」だと難関大学英語突破
することは難しいです。

たくさんの英語力向上情報が
流れていますが、真実が
どれなのか高校生には
わかりにくいですね。
難関大学突破に
必要なものは英語単語力
だけではありません。

 

 

 

 

関連記事

GoTo TOP