10分で40英単語を覚える!


10分で40英単語を覚える!

 

「英単語をどうやったらたくさん覚えられるの?」と

よく聞かれます。

 

「英単語が自然に覚えられる」プロセス

 

英文に何度も知らない単語が繰り返し出て来ます。

出て来るたびごとに毎回辞書を調べて意味を確認します。

その出て来る回数が多いほど確実に覚えます。

 

基本英単語とは?

英文に繰り返し出て来る

よく目にする単語ということです。

 

ですから、

繰り返し目にすることが大切です。

 

覚えられない単語は、

①   食卓のテーブルの上に貼り付け

座るたびに見て覚える。

 

②   トイレに置く。

入るたびに覚える。

 

③   洗面所に置く

ドライヤーなどを利用している時にも

覚える

 

見るだけでも大丈夫。

スペルを空に書いても大丈夫。

読んで音に出しても大丈夫。

 

繰り返し見ることです。

 

覚えやすい単語は、

 

英文を読んでいる際に、

知らなかった単語の方が

覚えやすいです。

 

知らなかった単語が

気になるから覚えやすいのだと思います。

 

では、

「10分で40英単語を覚える方法」

 

①   タイマーを10分にセット。

②   覚える英単語を机に置く。

③   英単語を覚える。

 

10分間で40~60ぐらい

英単語が覚えられます。

 

覚える方法は、

・書いて覚えても

・読んで覚えても

・見るだけで覚えても

 

どんな方法でも大丈夫です。

 

終わるとぐったりと疲れます。

 

どんな生徒でも40単語は覚えます。

 

覚えたいという気持ちがあれば、

30分は続けられます。

それ以上は、疲れるようです。

 

高3生ならば、

1時間は続けられるようです。

 

残念ですが、

人間の脳はすぐ忘れるようになっています。

明日には、50%忘れています。

 

翌日再度繰り返すと

1週間後20%は残っているようです。

 

ですから毎日繰り返して下さい。

 

苦しい状況で覚えた単語は覚えているようです。

 

苦しい状況とは、

英文に何度も知らない単語が繰り返し出て来ます。

出て来るたびごとに毎回辞書を調べて意味を確認します。

 

つまり

「又出てきた!」

「又調べるのか!」

「又出た!」

「まだ覚えてない!」

「又調べるのか!」

上記の状況が苦しい状況です。

 

自分の頭の悪さがわかって嫌ですよね。

だから単語の暗記は嫌なのだなぁと感じています。

 

長年生徒たちを指導していて

「覚える」ということには、

頭の良し悪しは関係ないと感じています。

 

「覚えよう!」という気持ちが

大切だと感じています。

 

「覚えよう!」という

気持ちがない生徒を何度も指導したことが

ありますが、ほんとうに

覚えていません。

 

一緒に覚えている生徒たちは、

驚きます。

 

「覚えよう!」という気持ちがない生徒は、

その時間ただ作業をしているのです。

脳が動いていないようです。

 

 

「英単語を覚える方法」

 

〇毎日10分で40以上の英単語を覚えましょう!

毎日10分間だけで大丈夫です。

日々繰り返しましょう!

 

〇隙間時間に英単語を覚えましょう!

・電車やバスを待っている際に

・先生が黒板に向いている際に

・ご飯を食べる際に

・トイレに入る際に

・ドライヤーを使っている際に

など。

机に向かって単語を覚える暇はありません!

 

〇毎日英文を読みましょう!

 以前に読んだものでも、

 新しいものでも、

 教科書でも、

 英字新聞でも

 何でも大丈夫です。

 

知らなかった英単語は

意味を調べてカードに書いて覚えましょう。

 

カードの作成の仕方は、

「高2生勉強の仕方」4月に書いてあります。

http://activeintheworld.com/blog/how-to-study/104/

 

 

忘れてしまった英単語は、

再度覚えましょう。

 

人間は忘れる動物です!

繰り返し覚えましょう!

繰り返しの努力で必ず覚えます!

 

「10分で40英単語を覚える!」

この気持ちが大切です。

毎日頑張って下さいね!

 

 

関連記事

GoTo TOP