私の時間管理術 


私の時間管理術

私は中学生や高校生に
30年以上「勉強計画」の
指導をしてきました。

ですから、
「時間管理術」に関する本を
たくさん読んできました。

今回は私の時間管理術に
関し書こうと思います。

「7つの習慣」

 

商品の詳細

7つの習慣 スティーブン・R・コヴィー著

 

「7つの習慣」を読んだ時には、
驚きました。
人生すべて全部「時間管理」を
するという考えにびっくりしました!
そして新鮮でした!

勝間和代

次に驚いた本はこちら↓

商品の詳細

無理なく続けられる年収10倍アップ時間投資法 勝間和代著

商品の詳細

無理なく続けられる年収10倍アップ勉強法 [Kindle版] 勝間和代著

Kindle版は2013年版になります。

自分のやりたいことを実現するために
投資の時間(自由な時間=私の勉強時間)が
大切だと力説していることに驚きそして
すぐに実行しました。

投資の時間とは?↓

時間管理術 勝間塾

年収が10倍アップしたわけではありませんが(笑)

時間管理術
私のオススメ本はこちら

高校生は、大学受験が
終わったら参考にしてもらえる
と良いかと思います。

高校生は、学校という
枠があるので、時間をある程度自由に
使える大人とは
異なるのです。

目標も目的もたくさんあるわけでは
ないからです。

時間管理術
私のオススメ本はこちら↓

商品の詳細

クラウド時代のタスク管理の技術 佐々木正悟著

上記の本は私の2015年オススメ本
第1位です。

商品の詳細

スマホ時代のタスク管理「超」入門

佐々木正悟、大橋悦夫著

スマホ時代のタスク管理「超」入門は、
わかりやすく解説しています。

佐々木正悟さんを真似したい

昨年2015年、上記2冊の著者
佐々木正悟さんの書籍を読み、
佐々木さんの時間管理術を真似したいと
思い、最近やっと少し真似することが
できました。

私の良き仲間のきいちさんのブログを参考にし、
Toodledo を設定することができました。
Toodledoを上手く利用できるのか、
しばらく様子をみます。

きいちさんのブログ↓

Toodledoを日次管理ツールに
選んだ理由と設定方法

Wunderlist

TodoリストはWunderlistを選択

きいちさんおすすめのTodo リストアプリ
Wunderlistを設定しました。

きいちさんのブログ↓

Todoリスト アプリの選び方

手帳という紙の上でもTodoリストは
作成します。

私の時間管理術

私は他の方がおすすめするものは
なるべくすぐに実行しようと考えています。

ですから
私は、勝間和代さんの
小さな手帳を使用しています。
いつでもどこでも使えるので、
便利です。

勝間和代さんの小さな手帳以前は、
やや大きめの勝間和代さんの
手帳を使用していましたので、
いつも携行できませんでした。

この勝間和代さんの小さ目の手帳を、
毎日いつでも
どこに行く時も携行しています。

私の利用している手帳は
「勝間和代の自分コーチング手帳」です。

商品の詳細

勝間和代の自分コーチング手帳 勝間和代著

毎月の予定一覧表が、勝間さん
おすすめの投資の時間(私の勉強時間)で
埋まるように努力しています。

投資の時間に関してはこちら↓

時間管理術 勝間塾

Google カレンダー

私は高校生と日々過ごして
いますので、Google カレンダー
を見ることができないことも
多いです。

ですから今までは、
自分用としてだけで
Googleカレンダーを利用
していませんでした。
家族との共用カレンダーとして
利用していました。

しかし
今年は、紙の手帳(勝間さんの手帳)と
ITのGoogle カレンダーの
両方を毎日利用しています。

Googleカレンダーは
いつでもどこでも
過去の行動記録も
見ることができます。

過去の行動記録から
自分の未来の行動の時間量を
予測することができます。

そして
簡単に探したい
過去の行動記録にたどり着く
ことができます。

紙に書くことも大切

私は3冊のノートを
持っています。

実際には、各項目別の
ノートも作成していますので、
ノートの数はもう少し多く
5冊持っています。

手帳以外は、家に置いてあります。
他のノートはいつもすぐ側に
置いてあります。

ITだとスクロールあるいはページを
くくらないと全体が見えませんが、
ノートですと全体が見えます。
紙に書くということは、全体が
見えるので良いです。

ノート3冊を持つ

高校生にも、
3冊のノートを持つように
指導しています。

 

1冊目
手帳です。
手帳は、毎日持っています。

2冊目
手帳より少し大きいノートに、
やりたいことや
やることを書いています。

もちろん
夢や希望も
書いています。

3冊目
2冊目のノートに
書いてあることを
どのように行動したら
実現できるのかを
思いつくままに
書いています。

これら3冊のノートを
持つことで、
思考を明確化し、行動に
移し実行し、
実現化していきます。

仕組み作り

私は上記3冊のノートを
利用し、

・やるべきことは必ずやる!
・やるべきことは必ず実践する

という仕組みを作ります。

上手くできた時には、
ご褒美を自分にあげます!
ご褒美の詳細な内容を
ノートに書いておきます。

ノートに書いて、
毎日目にして、
フォーカスすることで、
自分のやりたいことを
実現していくのです。

意志の力ではやりたいことや
やるべきことを実行できない

意志の力はあてには
できません。

仕組みが大切なのです。

ノートに書いて実行

まずノートに書いて
行動に移しましょう!

直接手で書くと
「できるなぁ~!」と実感
できます。

ともかく
・やりたいこと
・やること
・やるべきこと
など何でも書く!

夢や希望、目標、目的など
何でも書いて下さい。

私の「時間管理術」に関して
参考になりましたら嬉しいです。

 

 

関連記事

GoTo TOP