英語勉強 高3生の英語苦手さんへのアドバイス


英語勉強 高3生の英語苦手さんへのアドバイス

一昨日の月曜日は、英語の苦手な高3生の授業でした。その生徒は頭が大変良いと思っています。もちろん頭は良いと思いますよ(=^・^=)でも英語は苦手です。高校受験をしていませんので、中学の英語もあやふやです。つまり基本の英語知識も薄いです。それでもこの2か月で大分できるようになったので、先日の授業でも自分なりに英語ができたので「英語ができるようになった!英語ができた!」と大満足でした!喜んでもらえると嬉しいですね!(^^)!ますます努力して一生懸命に教えてあげたいなぁ~早く成績を上げてあげたいなぁ~などと思います。

以下2016年5月16日に投稿した記事を参考にして下さい。

英語勉強 英語の苦手な人が ついやってしまうこと

英語勉強 ファイルを作る

2014年6月19日に投稿した記事も参考にしてみて下さいね。

高2生 英語 予習の仕方

以下は2016年5月24日に投稿した記事です。参考にしてもらえると嬉しいです。

英語勉強 ノート作成方法

今日は高3生の英語苦手さんに向けてのアドバイスをしたいと思います。英語成績が上昇するきっかけを掴むことができると思います。

高3生 英語の苦手な生徒は、ルーズリーフを使わないこと

英語の苦手な生徒は、英語用にルーズリーフを使ってはいけません。英語の苦手な生徒は、英語用にルーズリーフを使う生徒が多いですね。月曜日に授業を受けた生徒もルーズリーフを使用しています。その生徒は、復習をしたルーズリーフをきれいにバインダーにファイルをしています。ですから全く復習をやらない生徒よりもまだましです。それでもルーズリーフを使わないことです。

高3生 英語は誰でも予習中心

復習も大切ですが、高校英語は予習中心で行うのが一番効率が良いです。30年以上、いろいろな生徒のノートや授業態度を見て来ての経験では、予習中心の生徒ほど英語学力が上昇しています。

英語勉強方法 自宅学習は予習中心 学校授業内で復習

英語は誰でも予習中心で勉強して下さい。自宅学習で予習する。学校授業内で復習をするつもりで授業を受ける。わからないことなどはその場であるいは授業後に先生に質問し、わからないことがないようにしましょう。

最近、学校では和訳をしないことが多い

最近高校英語授業では、英文読解をしても詳細な日本語訳を先生が読み上げることが少なくなっています。和訳プリントをあらかじめ渡す先生あるいは授業後に和訳プリントを渡す先生もいます。又和訳プリントなどのようなものを全く渡さない先生もいます。英語の苦手な生徒は復習中心ですと、英文の意味がはっきりわからないまま授業を受けそして授業内容を理解できないうちに授業が終わってしまいます。それですと復習はできませんよね。

ですから、英語は予習中心が良いのです。

高3生 英語苦手さんはルーズリーフを使いがち

月曜日に授業を受けた頭が良く英語苦手さんの生徒のノートはルーズリーフです。ルーズリーフは一枚の紙切れと同じです。どこに続くのか自分で番号を付けないとわかりにくくなります。授業内で番号を付けている暇はないですね。ですからその生徒はだんだん字が小さくなり、書く場所を一枚のルーズリーフ内であちらこちらにかきますね。後で見た時に読みにくいノートを作成してはいけません。ごちゃごちゃしたルーズリーフを考えると、復習をしたいという気持ちがなくなります。

ノートを使うこと。ノートですとなくなりませんね。ノートに先生からもらったプリントも糊で貼り付けましょう。そうすれば、プリントも紛失しません。探さなくても大丈夫ですね。

高3生 英語苦手さんは 英語の先生の話に耳を傾けない

その月曜日の生徒本人は自分なりにルーズリーフを工夫しています。しかしそのような方法をいつまでやっても英語成績が急上昇するチャンスは少ないと考えています。私は繰り返し教えようと機会を狙っているのですが、聞く耳を持ちません。ですから私の話を聞かないのですから、いつまでたってもなかなか英語ができるようになるとは思いません。

英語の先生の話に耳を傾けましょう!

高3生 英語苦手さんへのアドバイス

・英語はノートを使う
・自宅では予習中心
・学校授業内で復習をするつもりで授業を受けること
・英語の先生のアドバイスに耳を傾けること

先ずは、以上のことに気をつけましょうね!そうすれば、英語成績が上がるきっかけを掴むことができると思います。

 

 

 

関連記事

GoTo TOP