高校生と会話する楽しみ 比喩を用いたり、わかりやすい例えを使ったり 勉強になります!


高校生と会話する楽しみ 比喩を用いたり、わかりやすい例えを使ったり 勉強になります!

今日は運動不足解消のためにゴルフをしました。毎日座るか立って教えるか、調べ物をして座り続けているので、運動不足になってしまうのです。運動が定着すると身体が軽くなりますね。

高校生と毎日楽しく会話しています!

高校生と毎日楽しく会話しています!高校生を相手に毎日会話していますが、高校生の相手に負担がかからないコミュニケーションをするのは難しいです。そして高校生がわかりやすく理解しやすく話したり書いたりすることはさらに難しいです。

高校生に話す際には、比喩を用いたり、わかりやすい例えを使います。高校生に話すときには、高校生の経験の範囲の例えを利用することが多いです。彼らがわからないという顔をする際には、彼らのわかりやすいとっつきやすい話を例に出して話すことが多いです。

それでも、わからないという顔をする高校生がいれば、さらに詳細な例をあげ、詳しく説明します。

私の話しを聞いている高校生全員に、わかるように話すのはさらに困難です。

さらに、私の話しを聞いている高校生全員に、わかるように話すのはさらに困難です。わからないという顔をしてくれるのならば、まだわかりやすいですが、下を向いていたりするとわかっているのかわかっていないのかがわかりにくいのです。私はそこにいる全員がわかるように話す努力をしています。それでも通じなかったり理解してもらえないこともあるのです。

わかるように話したり、書いたりするのは難しい!

毎日楽しく高校生と会話しています。でも高校生全員がわかるように話したり、書いたりするのは大変難しいです。楽しく会話するのとそこにいる全員が理解できるように話すのとは異なるのです。

保護者様に出すお手紙やお知らせを理解してもらうのはもっと難しいです!

高校生全員がわかるように話したり書いたりするのが難しいのですから、受講生の親御様や保護者様に出すお手紙やお知らせはもっと気を付けて書いています。高校生は毎日会っているので、誤解しているのかそうでないのか、勘違いしているのかしていないのかがわかります。親御様や保護者様に、お会いするのは年数回です。

ですから、高校生対象の話や文章よりもさらにわかりやすく簡潔に文字数も少なくします。でもそれでも読まれませんね。保護者様たちは成績のみ気になるようです。他の生徒との比較も大好きです。ですから私が強調したい事は読まれやすくする工夫をしています。例えば、文字を濃く大きくし、文章は最短にします。又わかりやすくするために円グラフよりも棒グラフを用います。

保護者様対象の文章は、なるべく短く簡潔に書いています。

高校生対象の文章は、なるべく国語力が必要だと感じるように

高校生対象の文章は、なるべく国語力が必要だと感じるような文章で書くことが多いです。日本人ですから、国語力はある方が良いですね。高校生に話したり書いたりするには、私もたくさんの文章を読み書いたりして高校生の反応を確かめています。つまり私は高校生と楽しく話すために、その裏でかなり勉強しているのです。

私の文章を読み、国語力を向上させたいと感じてもらえれば嬉しいです。

読み手にポジティブな気持ちを持ってもらえるように工夫

特に高校生の読み手にポジティブな気持ちを持ってもらえるように日々工夫しています。高校生と楽しく会話しながら、実は私はたくさん勉強しているのです。

来年、皆さんの合格の笑顔を想像しながら、日々勉強しています。

受講のお申し込みはこちらへ

関連記事

GoTo TOP