英語ができるようになるには? 理系志望者


英語ができるようになるには? 理系志望者

2017年入試も2月25日、26日の国公立大学入試が終わると一段落します。30年以上受験生たちを指導してきましたが、今年は大変素晴らしい受験生たちに囲まれました。皆さんの成績が良いからだというわけでは決してありません。

その中の一人の生徒について今日は書いてみようと思います。

今日は合格発表もまだなのです。

目がキラキラ輝いているある県立高3生

ある有名県立高3生が7月の夏休みが始まる頃に、私のところに来ました。久しぶりに目がキラキラ輝いている生徒でしたね。部活が終わったばかりの高3生が来ました。模試成績や学校の成績をみると、成績はひどいものです。特に英語がひどすぎました。偏差値は35!

英語の授業を中心に受けてもらいましたが、理数系科目も同時に受講しなければ受験には間に合いません。中高一貫校と異なり学校での授業も受験までに間に合うわけではありません。

英語勉強時間は、9:1

「先生、英語と他の理数科目との勉強時間の割合は、5:5で大丈夫ですか?」と尋ねられました。「それだと無理よ!英語の勉強は、授業の予習・復習時間と授業時間を引いた残りの時間の9:1の割合で勉強して!」と私は答えました。「ええ~!!!それで理数科目も大丈夫ですか?」とその県立高3生は絶句しました。

「仕方ないでしょう。英語の成績が悪いのだからね!」と私。それからずっと英語の勉強をしていましたね。

センター試験英語過去問題を解いてみると

8月中ごろに、センター試験英語過去問題を解いてみると、200点満点で48点しかとれませんでしたね。

「先生、まずいですね!やはり9:1の割合で英語勉強を真剣にやらないといけないのですね!」と。私は「私の生徒で今まで48点の人はいなかったから、今までの中で一番のできない生徒ね。」と。

ずっと、私の指導に従い成績を伸ばして来ました!

センター試験本番は英語169点!

その目がキラキラ輝いている高3受験生は、順調に成績を伸ばし、2017年センター試験本番では英語169点を取りました!すごいですね。こんなに英語成績が伸びる生徒はなかなかいません。

私が指導すると、高2生センター試験同時受験時から1年で伸びる英語点数は、70点ほどです。

私が指導している生徒の大半がほぼ1年でセンター試験で70点ほど伸びます。偏差値では、20ほど伸びます。

その目がキラキラ輝いている県立高3受験生は、120点も8月から伸びたということになります。偏差値も記述式模試で、25ぐらい伸びたことになります。

ここまで伸びる生徒はなかなかいないのですが。

半年で、センター試験英語得点が120点も伸びた!

この生徒を指導し、私は私の英語指導に関し自信を持ちましたね。その目がキラキラ輝いている県立高3受験生は英語が苦手で大嫌いだったそうですが、今では英語が一番の得意科目になっていますね。

良い指導者を早く見つけ、早期に英語学力を伸ばすと、大学入試も楽になります。

英語学力を上げるには、良い指導者を早く見つけること。

英語学力があると、大学入試も楽になります。

英語外部資格試験も受けると、さらに大学入試は楽になります。

受講のお問い合わせはこちらへ→http://activeintheworld.com/contact/

 

関連記事

GoTo TOP