夏休みの宿題


夏休みの宿題

高1生

 

学校の

夏休みの宿題は

期限までに

終わらせましょう!

 

あと1週間で

夏休みも終わり!

 

昨日

高1生と話していました。

 

「夏休みの宿題終わった?」

「え?」

「夏休みの宿題はあるでしょう。」

 

生徒はおもむろに

宿題の一覧表を見せてくれました。

 

「あと1週間あるし、

提出期限は、

9月だし、、、、

間に合うよ!」と

 

私が見ると、

「感想文が2つもあるわよ。」と。

 

「やばい、忘れていた。」

 

「一つは、読書感想文。

もう一つは、税金のことよ。

税金は調べないと書けないのでは?」と私。

 

「まずい。本も読んでいない。

税金も調べていない。どうしよう!」

 

「あら、writingの宿題もあるわよ。」と私。

 

「え?どこにあるの?」

 

「教科書に挟まっていたわよ。」と私。

 

「どんな内容?」

 

「自分のことや学校のことなど

英語で書かないといけないみたいよ!」

 

「え!英語で書くの?」

 

「手伝ってあげるけど、、、、

自分の名前、年齢、

通っている高校など

英語で書けるでしょう。

書いたら、直してあげるから。」と私。

 

「それなら、書けるね。」

 

「難しく考えないことよ。

知っている英語で書けばいいのよ。」と私。

 

「終わった!良かった。

一つ終わった!」

 

「宿題大丈夫なの?終わる?

定期試験もあるでしょう。

大丈夫?」と私。

 

「いやぁ、これから勉強漬けだ!」

 

「そうね。毎日勉強漬けね!

明日は、勉強できるの?」と私。

 

「え?!!!」

 

「明日は、土曜日だもの。

勉強しないとね。

部活やっている暇ないしね、、、、」と私。

 

「部活は、やらないよ!

勉強しないといけないもの。

でも、朝は起きれないよ!」

 

「では、いつやるの?」と私。

 

「わかったよ!

朝は早く起きれないけれども、

何とかやるよ!

終わらせるよ!」

 

「では、明日何時に見せに来れるの?」と私。

 

「3時。3時には終わらせるよ。」

 

「では、明日又ね。」と私。

 

 

宿題は、まだまだ

残っているようです。

 

高1生

 

学校の宿題は、

期限までに

終わらせましょう!

 

 

関連記事

GoTo TOP