平均点


高1生9月

 

平均点に騙されないように。

 

夏休み明けすぐの

高1生定期期末テスト。

 

結果はどうでしたか?

 

ある高1生は、

「平均点以上だから大丈夫。」と

言いました。

 

ある高1生は、

「計算ミスが多すぎて、、、

英語は、まあまあのできだし。

できたんじゃぁないの。

平均点以上だし。」と。

 

高1生の皆さん、

テスト結果はどうでしたか?

 

受講のお申し込みは

こちらへ↓

http://activeintheworld.com/contact/

 

高1生だから

まだまだ本気モードの

勉強はしなくても良いと

思っているかもしれません。

 

平均点を取っていれば、

大丈夫という気持ちも

わかります。

 

では、

平均点って

何ですか?

 

1クラス

40人

(1)     全員が50点をとれば、

平均点は50点です。

 

では、

(2)     半分の20人が

満点100点をとり、

その他の20人が

50点をとると、

その平均点は、75点です。

 

(3)     半分の20人が

満点100点をとり、

その残りの20人が

0点をとると、

その平均点は、50点です。

 

(1)と(3)の平均点は同じです。

でも中身は異なります。

 

(1) の中身は、

母集団の高1生全員が

並みの成績ということを

示しています。

 

(3)の中身は、

優秀な高1生と

そうでない高1生が

同じクラスで学んでいることを

意味しています。

 

このようなことは、

高1生教科書「数学Ⅰ」の

「データーの分析」で

学びます。

 

平均点の中身は

良く精査しなければなりません。

 

平均点ぐらいを

とっていると

大学には現役合格できないと

考えるのが妥当です。

 

もちろん

日本全国どこの大学でも

学部学科を選ばなければ、

そして進学校と言われている高校に

在籍していれば、

現役合格は可能ですが。

 

数字に騙されてはいけません。

 

数値に騙されないように

勉強しましょう!

 

受講のお申し込みは、

こちらへ↓

http://activeintheworld.com/contact/ 

 

 

 

 

 

関連記事

GoTo TOP