学校試験は、丸暗記! 英語の実力を上げるには? 


2018年今年の高1生から大学入試が大幅に変更されます。

教科書も大変難しくなりましたね。

〇マーク式から記述式へ
〇英語は4技能式試験へ
〇国公立大学2次試験では、どの大学学部も英語記述試験を課す。

英語は、大学入試で重要度がますます高まります!

早めに英語を得意科目にしましょう!

学校での英語試験内容は、どうなの?

ほとんどの高校での試験は、実力試験と名前がついていても、授業中で学んだこととほぼ同じ内容の問題が出題されます。

学校での試験に関しては、丸暗記をすれば、良い点数が取れます。

ですからほとんどの高校生は、「学校の定期試験は、丸暗記すれば何とかなるけれども、模試で良い点数を取るにはどうしたら良いの?」と私に尋ねます。

外部模試での試験内容は、どうなの?

外部模試では、既習範囲内であっても、英語の単語や、熟語や文構造などが少しずつ異なります。

ですから学校定期試験対策のように、丸暗記していても良い点数がとれるわけではありません。

丸暗記をしていても外部模試では、役に立たないことが多いです。

英語で実力を上げるには、どうしたら良いのですか?

私は、今年2018年入試で、東大にも合格者を出していますよ。

自分一人で英語の実力を上げることはなかなかできません。

ですから習う方が早いです。

私と一緒に英語の実力を上げませんか?

大学受験指導30年以上。毎年早慶大に合格者を輩出。英語力が上がったと生徒たちが感じる授業。
東京・茨城で開講中のクラウンアカデミーの代表 近藤陽子です。

★受講に関するお問い合わせはこちらから→http://activeintheworld.com/contact/

私の授業を受けていただき、その指導に素直に従っていただければ、偏差値も大幅に上昇しますよ!

英語偏差値が48→62へ上昇!私の指導に従いわずか3週間で河合塾記述模試で14も上昇!!! 

5月にもなると、「塾に行って教えてもらわないといけないのかなぁ~?」と考えている方も多いかと思います。

問い合わせが多くなりました。

★受講に関するお問い合わせはこちらから→http://activeintheworld.com/contact/

学校での授業は、どうなの?

2018年高1生は、新課程の最初の高校生です。

英語4技能が課せられます。

教科書の難度が大変上がりました。

英語が得意な生徒さんでも学校の授業に追いついていくのには、かなり苦しいと思います。

高校生にもなると、親や保護者様に「勉強がわからない、学校の授業についてかれない。」というようなことがなかなか言えないようです。

結果学校の成績が下がるまで親・保護者様は気がつきません。

ですから早く私のところへ英語を習いに来てくださいね。

私は今までの豊富な経験を活かして学校の成績を上げながら、大学受験でも成功できるように指導しています。

一度、私の英語授業を受けてみて下さい。

★受講に関するお問い合わせはこちらから→http://activeintheworld.com/contact/

~~~~
常磐線佐貫駅前で開講。東京でも不定期に開催中。

茨城・千葉・東京・神奈川・埼玉などの生徒さんが受講中。
シンガポールやニュージーランドの生徒さんも受講中。

★受講に関するお問い合わせはこちらから→http://activeintheworld.com/contact/

 

関連記事

GoTo TOP