②センター英語8割をとる方法?


②センター英語8割をとる方法?

今日は、センター英語8割をとる方法②
として書きますね。つまり2回目です。

この数年センター試験英語の
英単語総数はだいたい4,200語。

高1生、高2生から見ると、
かなりの単語数ですね。

皆さんの親の時代よりも
難しくなっているのが、
センター試験英語です。

国語は、逆に易しくなってきていましたが、
2013年センター試験本試験で
小林秀雄の評論文が出題されてから、
少しずつ難化していると思います。

皆さんの国語力が試されているのだと
感じています。

英単語も専門的

大学入試でも、難関大学入試となると
英単語数も増えます。
受ける学部によって
その英単語も専門的な内容で
使用されます。

英単語数は増加

皆さんが、覚えなければならない
英単語の数は、増加しています。

2016年以降

2016年大学入試も、大幅に変更です。
2016年以降は、各大学、各学部で
英検準1級、TOEIC850点以上などの
条件がつく大学学部もあります。

限られた時間をいかに効率よく使って
英単語を覚えるかに大学入試もかかっています。

今からすぐに英単語を
覚えよう!

「英単語は後にしよう。」は、
大学入試では危険です。

気がついたら、膨大な量の英単語が
残ってしまいます。

今からすぐに英単語を覚えましょう。

お勧めはこちら↓

駿台 システム英単語

私が教えた2015年慶応大学経済学部現役合格者が
使用したのは、「駿台 システム英単語」です。

単語王2202

私が教えた2014年慶大経済学部現役合格者が
使用したのは、
「単語王2202」です。

今使用しているのが、こちらなら
英単語帳を変えるのも良いかと思います。↓

データーベース

ターゲット

速読英単語 必修編

私のお勧めの第1の理由は、
「駿台 システム英単語」に、
多義語の一覧があるからです。

駿台 システム英単語

私は、駿台で勉強したことも、
教えたこともありませんが、
駿台のこの「システム英単語」は
受験生にとっての利用価値が大きいと
思います。

最近は、大人の方の英語やり直しの、
英単語帳としてもお勧めしています。

一度本屋さんでのぞいてみて下さいね。

 

 

 

 

関連記事

GoTo TOP