私立にするのか迷う!


私立にするのか迷う!

この時期真剣に受験生は、
私立に変えるのが良いのか、
国公立大学をそのまま第一志望大学に
しておいても良いのか考えます。

ユニークな高3生

最近、面白い高3生が私の生徒になりました。
大変発想がユニークな生徒です。
会話していても面白いです。
そのユニークな高3生は、
理系国公立大学を第一志望大学にしています。

昨夜のあるユニークな高3生の話

昨夜そのある高3生が、
ふらっと私に話をしに来ました。

そのユニークな高3生は、
時々私の仕事が終わるのを待って
話をしに来ます。

他の高3生がいる時は、
自分の話はしませんが、他の高3生の会話に
楽しそうに参加しています。
そして他の生徒が帰るまで私の傍を離れず、
他の生徒が帰るまで待っています。

昨夜は、学校でのいろいろな話をして
帰って行きました。

国公立大学にするのか私立大学にするのか?

「先生、私立にするのか国公立にするのか迷うんです!

学校の先生は、国公立大を諦めるな!私立に変えるな!って言うんですが、、、、
どうしたら良いのかなぁ!」とそのあるユニークな高3生。
私は、
「国公立大学を諦めて私立にするのか、
悩んでいる暇があったら勉強したら?」とそっけなく返答。

高い大学に行きたい!

「実際悩んでいる暇がないと思うのだけれども、
やるべきことの順番が変わるでしょう!
だから私立にするのか国公立大にするのか迷うんですよね。
本当は、国立大学にどうしても入りたい。
親には負けたくはないのです。
親よりも良い大学に入りたい。
親に勝ちたいのです。
絶対に親よりも高い大学にいきたいのですよ。
周りの友人達は、
学校の先生に志望大学が高すぎるから、
もっと下げろと言われ始めているのですよ。
だからみんな志望大学を下げ始めているけれども、
自分は絶対に高い大学に合格したいのですよ!
入れる大学に入りたくないのです。
私立でも良いから、高い大学にいきたいのですよ!
チャレンジして高い大学に入りたい!
これから、もっと勉強して高い大学に行きたい!
友達のように諦めたくはない!
高い大学に行きたいのですよ!
どうしたら良いですか?」

高い大学に行くには?

私は、
「勉強しなさい!そんなこと考えている時間があるならば、
勉強して成績を上げることよ。
そうすれば必ず行きたい大学に行かれるわよ。
合格するわよ!
まず、自分が使う私立大学の科目を優先して勉強して。
基礎の確立は大変重要よ。
受験勉強の基礎的なことが、まだまだ不十分。
できていないわよ。

英語

例えば、
英語ならば、単語と熟語を
できるだけたくさん覚えてね。
そして忘れないように定着させてね。
単語帳は、
駿台のシステム英単語
文法も必ず基本事項が確認できる
高2生までのテキストをしっかりと確認してね。
英文法頻出問題集など。
例えば、
そのあるユニークな高3が使用しているのは、
 ネクステージ 桐原書店

論理的に考える

それからこれは基本姿勢として大変大切なことだけれども、
感覚で英語を勉強しないでね。
論理的に考えて勉強してね。
そして論理的に英文を読んでね。
大学入試は、論理的思考を試すので、
論理的に考えることは大切よ。
どの科目も論理的に考えることは
大切よ。

今、何が必要なのか考える

絶えず、自分で今何が必要なのか
考えてね。
わからなかったら今日みたいに相談してね。
いつでも相談にのるからね。」と。

社会や国語

そのあるユニークな高3生は、
「他に何かありますか?
例えば、国語や社会はどうしたら良いですか?」
私は、
「社会や国語は、勉強している時間がないから、
学校授業内だけでしっかりと勉強してね。

私立大学は個性的な入試問題

私立大学は個性的な問題を出題するので、
どんな問題が出題されるのか
赤本や青本を見ておくことは大切よ。
一度解いてみるのも良いわね。」と。

昨夜の話はそこまで

そんな風に会話が続き、
23時頃まで話して帰ることが多いです。

関連記事

GoTo TOP