カジノ シンガポール


カジノ シンガポール

シンガポールには
カジノがあります。
今日は、予定が変更に
なったので、夕方から
カジノに行ってみました。

マリーナベイサンズという
シンガポールのシンボル的
存在のホテルの真近にあります。

マリーナベイサンズ

カジノ マレーシア

昔マレーシアの
ゲンテンハイランドという
カジノに行ったことはあります。
見学しただけで、もうすでに
どんなところだったのかの記憶も
ありません(>_<)

シンガポール カジノの体験

今回も見学をしに行きました。
パスポートが必要です。
入念なパスポートのチェックです。
女性はハンドバッグのみ中への
持ち込みがOKですが、男性は
財布やパスポートなどをポケットに
しまわないと入れません。つまり
男性は手ぶらです。前の男性が
食べ物を持ち込もうとしていましたが、
中へ入れてもらえませんでした。

中で食べ物を食べてはいけないと
いうことです。中にはフリードリンク
コーナーがあります。
飲み物は飲み放題です。
エアコンも効き涼しく
飲み物もフリーなので、
長居が出来そうです。
飲み物は、コーヒーの他
ペットボトルのお水、
オレンジジュース、
りんごジュース、
コーラやスプライト
などの清涼飲料水も
飲み放題です。

ルーレットに参加

しばらく見学した後で
少しやりたくなりました。
というわけで、ルーレットに
参加しました。
シンガポールドルで50ドル。
15分で終わりました(+_+)

見学又見学

その後いろいろな台や
トランプゲーム、スロットマシン
みたいなものなどだいぶ
長い間見学して周りました。
でも見ていても遊び方が
わかりません。唯一わかったのが、
ルーレットです。でも全ての
ルーレットのルールが
わかったわけではありません。

中で楽しんでいる方は、
中国系の方が多く、
かけるお金もすごい人もいれば、
少しずつかけて時間を楽しんで
プレイしている人もいました。
結局見ていても、遊び方は
ルーレットしかわかりませんでした。
ルーレットの掛け金の下限が一番
小さいので、わかりやすく遊び
やすいということもあるのです。

いかに長く時間を賭けで
楽しめるのかということです。
必ず負けます。負けを
楽しめるのかそうでないのかの
違いだと思います。

負けを楽しみたいと
思うのならばお金持ちに
ならないといけませんね。
日本の教育では、お金持ちに
なってはいけないという
価値観が勝っているように
感じますが、お金をたくさん
稼げる能力のある方は
それを磨いてほしいですね。

再度ルーレットにチャレンジ

最後やはり帰る前にもう一度
ルーレットに参加しようと思いました。
ルーレットの参加最低金額が
低いので参加しやすいのです。
今回は少しずつかけました。
少しずつかけたのが効を奏し
勝ち続けました。数字は感と
確率で。数回当たったので、
だいぶもち札が増えました。
持ち札が増えた時、勝ちの時に
終わることにしました。

全部で100ドルをかけました。
かけた2倍儲かりました。つまり
225ドルになりました。良い気持ちに
なって終わりました。かけごとは何でも
限度を超えると負けになります。見学して
いる間に学んだことです。時間を楽しんで
過ごせれば良いですね〜

カジノは、負けが当たり前です。
見ているとだいたい15分で50ドルは
失くしている人が多いです。
時間を楽しんで過ごせれば
良いと割り切るつもりが大切です。
私も全部かけて終わらせようかとも
思いましたが、踏みとどまりました。
ちょっと勝ったのが楽しいのです。

100ドル失くすつもり

100ドル失くすつもりで参加しました。
今回シンガポールでのカジノの体験
大変良い思い出になりました(^^)
日本に戻ったら、早速生徒にシェアしようと
思います。

 

 

関連記事

GoTo TOP