大学受験勉強方法 英語ー2


熟語は頻出度の高いものから
覚えましょう。

時計を計って問題を解く練習をしましょう!

そうすれば、
第一志望大学現役合格します!

高3生 英語長文読解問題

先日長文読解問題を
指導していた時に、語順整序問題がなかなか
解けなくて困っていた生徒がいました。

長文読解中の語順整序問題ですので、
日本語訳はありません。

文全体から内容を把握し、
与えられた語を並べ替え
しなければなりません。

基本の
熟語や文法構造を理解しているので、
できる問題ですが、
いくらか変形されているので、
持っている知識を上手に使えないようです。

持っている基本の知識を使うこと!

例えば

・前置詞の後ろに来るものは、

 名詞あるいは動名詞(~ing)

 動名詞の場合には、後ろに名詞
 あるいは代名詞が来る可能性がある。

・動詞が2個あれば、
 動詞 + 名詞 + 動詞 の順番

など
非常に基本的な知識です。

例文

Not long ago,I spent ~英文省略します。~
(1)カンジはシートを指差すことによって、
考えを示したり文を作ったりすることができる。
Some scientists are discovering that
(2)人間は言語や道具を使うことができる、
あるいは
感情を有する、唯一の動物ではない。
For example, in an experiment, crows proved (3).
They used the hook to fish a basket of food from
a plastic tube. ~英文省略します。~

「(1)と(2)は、英文に訳しなさい。」という問題です。

(3)が語順整序問題です。

単語は、
a, at, bending, create, hook, skillful, to, wire

上記を並べ替える語順整序問題です。
(3)の前の英文は、日本語ですから利用しないと考えます。
(3)の後ろの英文を利用します。

used the hook
からヒントをもらいます。

to create a hook
ができます。

toの位置は動かす可能性はありますが、
この文章に関しての可能性はありません。

prove という動詞は 補語(C)が必要です。

ですから後ろに来る語は、skillful です。

at bending wire
になります。

意味からも並べ方はわかります。でも、

針金のフックと思い込んでいると
wireの位置が
a wire hook になってしまいます。

動名詞(~ing)は、自動詞なら目的語はなくても
大丈夫ですが、
まずは、目的語があると仮定して並べてみると
うまくはまることが多いです。

時間があれば、日本語に直して意味がおかしくなければ、
正しいと考えて間違えないと思います。

skillful は、be good at ~ の変形と考えてもらえば
答えはすぐに出ます。

しかし、実際に時間内で問題を解くのは
なかなか難しいので、
時計を用いて時間を計りながら
解くことが必要になります。

{問題は、筑波大学前期2012年問題です。}

熟語は頻出度の高いものから
覚えましょう。

時計を計って問題を解く練習をしましょう!

そうすれば、
第一志望大学現役合格します!

 

 

 

 

 

 

関連記事

GoTo TOP