英語ができるようになるには? 英語が苦手・英語ができないを克服し、第一志望大学に合格するには?


英語ができるようになるには? 英語が苦手・英語ができないを克服し、第一志望大学に合格するには?

ある高3生が昨年2016年夏休みも入った初めの頃に、私のところへ直接電話をしてくれました。その時には、私は大変忙しくある時間のみ空いている状況でした。「その時間で良ければ、面談する時間がありますよ!」と伝え、その時間にそのある高3生は私の元へお母様と一緒に来ました。

久しぶりに見る目がキラキラ輝いている高3生でした。

そのある高3生の合格体験記

その目のキラキラ輝いている高3生の合格体験記(修正無し)

自分は昔から知っている野球部の先輩がクラウンに入っていて良い大学に進学したので、当然自分もそこに行くものだと考えていて、引退した次の日にクラウンに入りました。

クラウンに入って言われた勉強比率は英語9割他教科1割というものでした。最初これを聞いた時、冗談を言われていると思い、笑顔で塾長を見たらマジの顔をしていたので、ドン引きしました。理系なのに英語9割って、、、、「英語つまんないし、理系科目やりたい。」という思いもありましたが、大学受験に関し塾長はプロなので塾長を信じてしばらくこの比率で勉強したら、1番苦手だった英語が1番安定する教科になっていて、本番の受験でも英語に助けられました。

クランは他の生徒の意識が高く常に刺激される良い場所です。勉強だけではなく人としても成長できできました。

入塾当初「東京理科大目指して、中央大学受かれば最高!」と思っていたのに、東京理科大に合格できるなんて奇跡です。

本当にクラウンの人たちには感謝しています。ありがとうございました   

以上

ある野球部ピッチャーの県立高3生が、部活終了後すぐに私の元にやって来てくれました。

部活が終わったばかりのその高3ピッチャーの生徒が来ました。模試成績や学校の成績をみると、、、、、

特に英語の成績が悪過ぎました。ひどすぎましたよ。偏差値は35以下でしたよ。

英語は中学生レベルでした。理数系科目も良くありませんでした。理数科目は英語ほどひどくはないのですが、、、、

英語の授業を中心に受けてもらいましたが、理数系科目も同時に受講しなければ受験には間に合いません。

夏休みには英語の完全1:1の授業を受けてもらいました。

理数系科目(数学、物理、化学)も同時に受講してもらいました。

第一志望大学は、理科大とのことでしたが、「茨城大学に受かれば良いです~」とのことでしたよ。

合格体験記にも書いてあるように、英語勉強時間は9で他教科は1の9:1!

入学したのが、7月下旬。

8月中旬頃に、センター試験英語過去問題を解かせてみると、48/200点!

合格体験記にも書いてあるように、当の本人に尋ねられましたよ。

「英語の勉強は、授業の予習・復習時間と授業時間を引いた残りの時間の9:1の割合で勉強してね!」と私は答えました。

「ええ~???それで理数科目も大丈夫ですか?」と当の本人は絶句しました。

「仕方ないでしょう。英語の成績が悪いのだからね!」と私。それからずっと英語の勉強をしていましたね。

英語勉強時間は9/10 他理数科目は1/10 という私の指導に素直に従ってくれました。

野球部のその高3生は、私の指導に素直に従ってくれました。もし従わずに、好きな理数科目を勉強していたら、第一志望大学の東京理科大学には合格できなかったでしょう。

学校の受験勉強指導は、全ての教科を万遍なく勉強するというものです。

学校の受験勉強指導は、全ての受験科目を万遍なく勉強しなければならないとするものです。

しかし昨今、理数科目の成績では差がつかないのです。理系生徒は理数科目が得意な生徒が多いからです。

理数科目が図抜けてできる受験生もいますが、最近では大半の生徒は理数科目の成績はどんぐりの背比べになります。理数科目では差がつきません。ですから英語の苦手な理数系志望者は多いので、英語得点の差で不合格になる受験生が出て来るのです。

ここでも学校の指導とは異なります。ずいぶん学校の指導との違いにその生徒は迷いを感じたことと思います。よく私の指導に従ってくれたと思います。

毎日帰りに受験相談をされました。

私は毎日その高3受験生が帰る時に、受験相談をされましたよ。その時その時に必要なアドバイスをしました。

学校の先生からも注目される成績優秀な生徒に変貌!

本人の話しでは、「部活していた時には、学校では居眠りばかり。先生も何も言わないよ。」その県立の高校の野球部のピッチャーですから、眠いのは当たり前ですね。部活終了する前の話しです。

10月にはずいぶん成績を上げ、学校の先生からも注目されるようになりました。「国公立大学を受験したら?茨城大学を受けたら?」と言われるような優秀な生徒になりましたよ!

11月になると英語の模試成績が急上昇!!!

11月になると英語の模試成績が急上昇!!!

その野球部のピッチャーの高3受験生は、ようやく理数科目に専念できると言い喜んでいましたよ!模試偏差値も見せてくれましたね。スマフォで模試の申し込みができずに、スマフォの扱いが得意な生徒が教えてくれましたよ。他の生徒たちに「おまえ、スマフォも扱えないのか!模試も申し込めないとやばいぞ!」などと言われていました。

第一志望大学の東京理科大学へ合格しましたよ!東京理科大理学部応用物理学科へ進学します。

その県立野球部ピッチャーの高3受験生の睡眠時間は時には3~4時間という壮絶な受験勉強生活を送って、第一志望大学の東京理科大学へ合格しましたよ!部活で培った集中力と体力、強い精神力がその生徒を勉強体質の生徒に変えたのです。当の本人も書いているように、良い仲間の支えがあり、強い気持ちがあれば変わるのだということを私は目の当たりにしました。

「よく指導に従ってくれたなあ~」と尊敬さえしています!

もちろん茨城大学理学部物理学科にも合格しました!

私は「東京理科大学に進学するのだから、茨城大学を受けるのはやめたら?」と話し、本人も「友人たちは必死に受けるので、茨城大学を受けに行きたくない。」とのことでしたが、受けざるをえない状況になったようです。
こちらの投稿記事をご覧ください。→http://activeintheworld.com/blog/3522/

受講のお問い合わせはこちらへ→http://activeintheworld.com/contact/

関連記事

GoTo TOP