高3生 「何をしたら良いのかわからない!」


やるべきことがわからないという方は、

こちらへ  ↓

http://activeintheworld.com/contact/

 

遠くの合格を見ながら、

何をいつまでにやり終え

そしてできるようにするためには、

どうしたら良いのだろうと

絶えず考え

実行しましょう。

 

「やるべきことを

きちんとやる!」

合格につながります!

 

一昨日、9月1日のブログで

「やりたいように、やる!」は、

危険だと伝えました!

 

その夜、

ある高3生に

質問しました。

 

私は、

「今、不安に思うことない?」と。

 

ある高3生は、

「これから何をしたら良いのか

わからないのです!」と。

 

その高3生は、

夏休み前に

「高3生のための夏休み受験計画」に

参加してくれていました。

 

その内容は、こちら ↓ 

http://activeintheworld.com/topics/186/

 

私は、

「高3生のための夏休み受験計画会に

たてた夏休みの計画表を

見せてくれる?

どう?その中で何か

心配なことは、ある?

できなかったことは何かある?」と。

 

その高3生は、

「夏休み中に、やろうと思ったことは、

すべてやり終えました!」と

笑顔で答えてくれました。

 

「ただ、成績が上がったのかは、

わからないのですが。」と

高3生はにこにこしながら答えてくれました。

 

私は、

「少しずつ何ができないのか

実感できてきたから、

それに向けて計画通りに

勉強しているのだから、

成績は上がっているのでは?」と。

 

実際に

その高3生は、

毎日少しずつセンターの過去問題を

解いています。

 

そして

少しずつ

点数を上げています。

 

その高3生は、

「このまま順調に続けていくと、

センターの過去問題がなくなります!

どうすれば良いですか?

繰り返しの復習をすれば良いですか?」と。

 

私は、

「センター過去問題本試験を

終わらせたら、

追試は少し難しいけれども、

やってみることも良いのでは?」と

助言しました。

 

その高3生は、

「では、今までにやった

本試験の過去問題の繰り返しの

復習と

追試問題を解くことを

同時にやっていきます。」と答えました。

 

「社会はどうすれば良いですか?」とも。

 

私は、

「社会は、地理や現代社会など

古いものは、データーが古くなっているから、

最近のものをやれば良いと思います。」と

答えました。

 

その高3生は、

「国語は?どうすれば良いですか?」と。

 

私は、

「理系だけれども、

今のところ

国語は、特に古典は

取れているから、

学校の授業で

しっかりと勉強すれば、

大丈夫よ。

期待しているわ。」と

 

その高3生は、

「これからも計画的に、

先を見ながら

毎日勉強していきます。」と

答えてくれました。

 

「何か不安なことや

心配なことがあったら

すぐ相談してね。」と私。

 

 

その高3生は、

私が、夏休み前に開催した

「高3生のための夏休み受験計画」会に

参加してくれました。

 

その内容は、こちら↓

 http://activeintheworld.com/topics/186/

 

 

そして

毎日その時にたてた

受験勉強計画を見ながら、

その内容を確認しながら

そして

時々私に相談しながら、

何をやるべきなのか

自分で考えて行動して

いました。

 

その高3生は、決して

自分がやりたいように

やりたいことを

やってきたのではありません。

 

遠くの合格を見ながら、

何をいつまでにやり終え

そしてできるようにするためには、

どうしたら良いのだろうと

絶えず考え

実行してきたのです。

 

「やるべきことを

きちんとやる!」

合格につながります!

 

やるべきことを

きちんと実行しましょう!

 

やるべきことがわからないという方は、

こちらへ ↓  

http://activeintheworld.com/contact/

 

 

 

 

 

関連記事

GoTo TOP