英語の勉強の仕方がわからない!


ある高校3年生の質問

「英語の勉強の仕方がわからない。」と
ある高校3年生から相談されました。

その高校3年生の日々の様子。

その生徒は、漫然と宿題も予習もしています。
「どうすれば、できるようになるのか?」と考えないで
日々勉強しています。

ですから、
予習時での自分の問題に
関しても、気にしていないようです。

もちろん
復習まではやれていないです。

授業中にノートを見れば、
復習もしていないことがわかります。

予習時にするべきこと

わかるところと
わからないところを
きちんと知っておくこと。

予習をやらないのは、
半分しかできるようにはならないということです。
初めから半分の効果ですから、もったいないですね。

予習はきちんとやりましょう!

目を向けること

〇知らない単語や熟語を調べる。

〇訳せない個所に印をつける。

〇わからない文法。

〇わからない構文 など。

復習時にするべきこと

予習時に目を向けた所を
重点的に理解する。

覚えなければならないものを覚える。

単語や熟語は、抜き出して  
目立つように
品詞と意味を書いておく。

後で 再度の復習

再度
復習がしやすいように
ノートを工夫して下さい。

人それぞれですので、
ノートの作り方にベストはありません。

皆さん、
それぞれに工夫してみて下さい。

それでも
「わからない」と思う方は、

私の授業を受けて下さいね。

成績が上がります。

受講のお問い合わせは、こちらへ↓
http://activeintheworld.com/contact/

 

 

 

関連記事

GoTo TOP